第三種永久機関のつくりかた

同人サークル「第三種永久機関」の活動情報や日記など

2017-08

【スポンサーサイト】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SS書いてみたでゲソ】

イカ娘SSです。良かったら読んでみてくださいっ
原作読んでなくてもアニメの知識で十分わかる内容となっております(by OKB)


--------------------
―海の家れもん―

千鶴「はいこれ 4番テーブルにお願いねイカ娘ちゃん」

イカ娘「わかったでゲソ」

早苗「こんにちはー」

栄子「おお早苗 どうしたんだよ なんか用か?」

イカ娘(あっ!あれは早苗じゃなイカ! やばいでゲソ また抱き付かれるでゲソ)

早苗「ううん 今アレックスの散歩してて、近くに来たから寄ってみただけなの」

早苗「あら?イカちゃん」

イカ娘(やばい!見つかったでゲソ!)

早苗「今日もお店のお手伝いなんて偉いわね」

イカ娘「あれ?」

早苗「じゃあ栄子 私そろそろ行くね」
すたすた

栄子「あー あたしもアレックスの散歩一緒に行きたかったなぁ」

千鶴「あらあらだめよ栄子ちゃん まだまだお店大忙しなんだから」

栄子「いや、わかってるよ ん?どうしたイカ娘 そんなぼーっとした顔して」

イカ娘「早苗がおかしいでゲソ」

栄子「え?そうだったか?」

イカ娘「わたしを見ても抱き付いて来なかったでゲソ」

栄子「あー確かに まぁたまにはそんなこともあるだろうよ ほら仕事仕事」

イカ娘「うーん なんかひっかかるでゲソ」


―翌日―

イカ娘(昨日の早苗はやっぱりどこかおかしかったでゲソ まぁ今日になったらいつも通り抱き付いてくるに違いないでゲソ)

早苗「こんにちはー」

栄子「おお早苗 なんだ今日もアレックスの散歩か?」

早苗「ううん今日はただのお客さん あっ!イカちゃん!」

イカ娘(ほら!きたでゲソ! さっさと逃げるでゲソ)

早苗「肩に海老が乗ってるよ」

イカ娘「あっ!ほんとでゲソ!もったいないでゲソ~」
ぱくっ

栄子「おい!イカ娘!また冷蔵庫の海老勝手につまみ食いしたな!」

イカ娘「し、知らないでゲソ 落ちてただけでゲソ」

栄子「そんなわけあるか!」

千鶴「あらあらイカ娘ちゃん 嘘はだめよ~ 朝冷蔵庫の前でこそこそしてるイカ娘ちゃん見たんだから」

イカ娘「ひっ!千鶴! まさか千鶴に見られてたとは… 悪かったでゲソ!許してくださいでゲソ!」

栄子「姉貴!見てたならなんで止めなかったんだよ!」

千鶴「あらあらいいのよ どうせあれ傷んでて棄てる予定だったやつだから 今日の分はちゃんと別の場所に保管してあるわ」

イカ娘「そんな!ひどいでゲソ!」

栄子「お前が言うな!」

早苗「ふふふ…」

イカ娘「……」

そしてそのような状態が続いて一週間後…

栄子「うわっ どうしたんだよそんな面して」

イカ娘「早苗が全然抱きついてきてくれないでゲソ」

栄子「お前散々嫌がってただろ よかったじゃないか」

イカ娘「まぁそれはそうなんでゲソが なんだか寂しいでゲソ」

栄子「なんだ?ほんとは抱きつかれるのもそんなに悪くなかったのか?」

イカ娘「そ、そんなはずないじゃなイカ! でも全く抱きついてもらえないのも寂しいでゲソ」

栄子「めんどくさいやつだな…」

イカ娘「もしかして早苗に嫌われてしまったんじゃなイカ? そう考えると胸のあたりが痛んでくるでゲソ」

栄子(なんだ こいつ早苗のこと心底嫌っていたわけじゃないんだな)

栄子「よし!じゃああたしに任せておけ それとなく理由を聞いてみるよ」

イカ娘「ありがとうでゲソ!」

後日―

栄子「早苗 お前最近イカ娘のこと避けてるんだって?」

早苗「ええっ?そんなことないよ! イカちゃん可愛いもん」

栄子「えっ?そうなのか? でも当のイカ娘が避けられてるって落ち込んでるぞ」

早苗「……それは」

栄子「んっ?」

早苗「イカちゃん、わたしが抱きつくと嫌がってるのうすうす気づいていたの」

栄子(いやいや、思いっきり嫌がってたろ)

早苗「わたしね イカちゃんが嫌がることはしたくない! だから…」

栄子「ああ~ そういうことか 互いの気持ちは通じ合っていたのにどこかですれ違いが生じてたってことだな」

早苗「えっ?」

栄子「だってよ イカ娘」

ガチャ ぎぃ

早苗「イカちゃん!」

イカ娘「早苗…わたし早苗のこと大好きでゲソ!」

早苗「ええっ!!」

イカ娘「早苗に抱きついてもらえなくて、とても寂しかったでゲソ とても胸が痛かったでゲソ!」

早苗「イカちゃん!」

がしっ!!

早苗「わたしも…わたしもね…イカちゃんのこと大好きだよ でもだからこそイカちゃんの嫌がることはしたくなかった 嫌われたくなかった!」

イカ娘「全然いやなんかじゃないでゲソ! 確かに最初はうっとおしい奴だとも思ったでゲソ でも今は違うでゲソ! 早苗の腕の中が一番落ち着くんでゲソ!」

早苗「イカちゃん!」
イカ娘「早苗!」
がしっ! ぎゅ~

栄子「ふぅ一件落着ってやつだな」

千鶴「ふふふ……なんだかおもしろいことになってたみたいね」

栄子「うわっ 姉貴いたのかよ」

千鶴「まぁこれでイカ娘ちゃんがちゃんとお仕事に復帰してくれればわたしは何も言うことないんだけど」

栄子「あぁたしかにあいつの落ち込みようは半端じゃなかったからなぁ」

千鶴「でもこれで大丈夫そうね」

栄子「ああ よかったよかった」


………………
…………
……

早苗「イカちゃ~ん! 今日もかわいい~」
ぎゅ~

イカ娘「うわっ! 止めなイカ! 離れるでゲソ!」

早苗「あんっ もうイカちゃんのいけず~ あの日の夜の熱い抱擁は全部幻だったというの……」

イカ娘「うわぁ~~~ やめろ、やめるでゲソ あれは何かの間違いでゲソ とりあえず離れるでゲソ!」


栄子「なんだか数日経ったら元通りになっちゃったな あの二人」

千鶴「ふふふ……まぁあの関係が二人には一番お似合いかもね」


イカ娘「やっぱり早苗は苦手でゲソ~~~!!!」



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://d3e.blog132.fc2.com/tb.php/17-d42793e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

About

第三種永久機関
「自分の描いた2次元キャラに萌えてエネルギーを得る」という地産地消型の閉回路の構築をめざすサークル。
管理人を含めて現在4人。
最終的にはノベルゲームとか作れたらいいなぁ。。。

Infomation

夏コミお疲れ様でした!】


● 管理人 Profile ●

鈴4路

Name: 鈴4路 

《すずしろ》と読みます。
三度の飯よりエロゲが好き!という残念な20代。
サークル内では主にシナリオ書く人です。


Counter


Banner

第三種永久機関

リンクフリーです。
良かったらぜひどうぞ~


Link


コミックアカデミー

コミックアカデミー応援中!!

Twitter


Mail

Search form

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。